Rock Book

ハードロックなどのロックミュージックを中心とした楽曲紹介。最近禁煙はじめました。

Oh Japan 〜Our Time Is Now〜 / TMG - TMG I

 

B'zのギタリスト、松本孝弘さんが中心となって結成したTMG(TAK MATSUMOTO GROUP)のアルバムよりレビューします。

この曲はシングルカットもされ、その後のWBC2006(World Baseball Classic)でもよく流れた曲です。(Oh Japanと王Japanですね笑)

 

今回のレビューから、点数制で評価を表していこうと思います。

これまでは星三つのなかで、オススメ度を表していましたが、漠然としていたので改めて自分の中で評価軸を設けて、レビューしていきます。

 

評価については、あくまで私個人の主観的な評価です。そう言う意見もあるねー、くらいで見てもらえればと思います。

 

さて、それでは早速参りましょう。

 

 

<評価>

総合評価点

66 / 100点

 

内訳

(各評価点は10点満点で、点数が高いほど評価も高い。)

 

曲全体の評価

・構成力 6 
・表現力 7
・歌唱力 7
・演奏力 7
・聴きやすさ 6
・充足感 7

 

ギターソロの評価点

・展開力 6
・爆発力 6
・オリジナリティ 6
トーン 8

 

 

<コメント>

和のテイストが散りばめられたバランスの良いハードロック

イントロのキーボードや、バッキングのギターから松本さんの得意な和のメロディが光ります。

そこにMR.BIGのボーカルで知られるエリック・マーティンの歌が乗り、良質なハードロックが展開されます。やっぱり歌うまいですね!安定感があります。

 

曲の構成は、オーソドックスな感じです。リズム隊も堅実で各パートがしっかりと演奏されています。教科書に載るようなお手本的な構成かなと思います。

 

B'zにあるような聴きやすい音になっているので、洋楽ハードロックの入門にもオススメです。

 

ギターソロも堅実なプレイだが、一聴してB'z松本!と分かるトーンが気持ちいい

ギターソロも、導入・盛り上がり・終結という構成がしっかりとしていて曲と同じように堅実でお手本的なプレイです。逆を言うと、挑戦的なプレイでは無いので、すこし物足りなさを感じることもあるかも知れません。

しかし、ギターのトーンはさすが!個人的に松本さんの柔らかい奥行きのあるギターの音色が大好きなのですが、ここでも心地よい音を聴かせてくれます。

 

★まとめ★

・聴きやすいハードロック。入門にオススメ!
・和の表現など、他の洋楽ロックには無い、B'z松本サウンドを楽しめる。
・オーソドックスな構成、プレイが故にすこし物足りなさも感じるかも。

 

 

 

TMG I (初回限定盤)

TMG I (初回限定盤)